おすすめ格安SIM乗り換え手順書

ついつい先延ばしにしてしまう格安SIMへの乗り換えを分かりやすくサポートします。
HOME > 自分で全部調べて選ぼうと思うと詳しくなるにつれて

自分で全部調べて選ぼうと思うと詳しくなるにつれて

自分で全部調べて選ぼうと思うと詳しくなるにつれて余計に選びきれなくなってしまい「また今度にしよう…」となってしまい気づけば半年経っていたなんていう人も相当いらっしゃるのではないかと思います。
イロイロありすぎてどれを選んだらよいかわからない格安SIMという選択肢。大手キャリアと同じ感覚で格安SIMを利用したのであればそれぞれの格安SIMの特徴を正しく知っておくことが大切です。格安SIMの最大のデメリットはネットの通信速度が遅い時があることと通話が多い場合に料金が高くなってしまうことです。

次に音声通話の利用が多かった時に通話料金が高くなってしまうという問題ですが、これはFacebookやLINEの無料の通話アプリを活用することで和らげることができます。


ただ、固定電話に掛ける機会が多いためLINEトークは使いにくいなどの事情がある場合は格安SIMに乗り替えることはハードルが高いかもしれません。格安SIMを使って通話をする場合、大体どこも30秒毎に20円になっているMVNOが殆どです。
短時間でのかけ放題プランを使える格安SIMもありますが、何時間掛けても基本使用料内で利用できるプランやオプションを提供している格安SIMは聞いたことがありません。確かに最も自分に合った格安SIMを選ぶことができれば月々の料金を数百円安くすることは可能です。

ただ、注意したいのは乗り換え手続きを先送りした場合のマイナスは年間にすれば4〜6万円程度となります。


それと比べると月々のちょっとの料金差は非常に小さな金額ですのでとにかくいち早く乗り換えを完了させることがベストな乗り換えになります。



キャリアの品質を捨ててまでも乗り換えた方がいい理由はもちろんその料金です。
もちろん今のスマホの利用状況や契約内容にもよりますが、月々3

000〜5000円程度携帯代を下げることができるケースが多いようです。

docomoスマホからの切り替えを検討しているならベストな格安SIMはmineoの「Dプラン」です。

通信の安定性に定評があり一般的な格安SIMと比べて優れています。インターネットを利用する時のスピードはキャリアのものと比較すると遅さを感じる時があるかもしれません。

特にお昼時の時間帯や寝る前の時間など多くの人がインターネットに接続する時間帯には画像の多いページを開くのに時間が掛かってしまうことがあります。
しかし、そのような格安SIMの弱点はその人に合った格安SIM(あるいはMVNO)を選ぶことで潰すことができます。
ある程度の目処が付いたら思い切って格安SIMへの乗り換え手続きを一気に進めてしまいましょう。
どこの格安SIMにするか決めかねてグズグズしているよりかはサクッとMNP予約番号を取得して格安SIMの申し込み手続きを完了させた方が何万円もお得だったりします。3大通信大手(au・docomo・SoftBank)との違いを把握した上で乗り換えの意思が消えないのであれば思い切って格安SIMに乗り替えるべきです。そういった人ならば格安SIMに乗り換えても激しく失敗したと感じることはないでしょう。通信速度の遅さ問題ですがこれはしっかりと吟味したSIMを選択することで回避することができます。


例えば今ならmineoやUQmobileは満足度が高く通信の安定性が高い優良なMVNOと言われています。



auからの乗り換えならもっともおすすめできる格安SIMはUQmobileのデータ通信3GBのプランです。

通信の安定性に定評があり大手キャリアにもっとも近い格安SIMと言われています。
現在使っているスマホをそのまま使いたい場合は切り替えまでに「そのまま乗り換えられる格安SIMをピックアップする」「その中で最も自分の利用方法にあったSIMを選ぶ」「現在のキャリアからMNP予約番号を取得する」「新しい格安SIMを契約する(MNP予約番号はここで使う)」「到着した格安SIMのSIMカードと現在挿入されているキャリアのSIMカードを入れ替えて初期設定をおこなう」という流れです。
ラクダ
Copyright (C) 2014 おすすめ格安SIM乗り換え手順書 All Rights Reserved.