おすすめ格安SIM乗り換え手順書

ついつい先延ばしにしてしまう格安SIMへの乗り換えを分かりやすくサポートします。
HOME > リスクのある格安SIMにそうまでしてでも

リスクのある格安SIMにそうまでしてでも

リスクのある格安SIMにそうまでしてでも乗り換えた方がいい理由は節約効果が尋常でないからです。
今の契約によっても変わってきますが概ね1年間で5万円程度スマホの通信料金を減らすことができる場合が多くなっています。利用方法とプランがバッチリ合う格安SIMを見つけることができればほんのすこしの無駄もない通信費まで抑えることも可能です。ただ、気をつけておきたいのはSIMを決めきれずに時間だけが無駄に過ぎてしまった場合の損失は年間にすれば4〜6万円程度となります。ひと月契約を先送りにすればさっさと決めたほうがお得だったという計算になることが非常に多いので完璧を求めすぎず、乗り換え手続きをしてしまうことが一番損をしない方法となります。格安SIM乗り換えまでの流れは「そのまま乗り換えられる格安SIMをピックアップする」「その中から自分にあった格安SIMを選択する」「現在契約している携帯会社からMNP予約番号を取得する」「格安SIMをMNPを使って申し込む」「格安SIMが届いたらSIMカードを差し替えて初期設定をする」といった手順を踏む必要があります。


格安SIMの問題点を理解した上で切り替えたい気持ちが消えないのであれば「エイ!ヤー!」で格安SIMに乗り替えるのもアリだと思います。

そういった方は格安SIMに切り替えても激しく失敗したと感じることはないでしょう。
初めにネットの通信速度が遅くなるというデメリットですが、これは「通信速度が遅くなるSIMを選ばない」ことにより回避することができます。


例を挙げるならUQモバイルやLINEモバイルなどはクチコミの評判が良く他の格安SIMが遅くなる時間帯でも通信が安定している優良なMVNOと言われています。auのスマホから格安SIMに乗り替えるなら一番オススメの格安SIMはUQmobileのデータ通信3GBのプランです。通信の安定性に定評があり他の格安SIMで通信速度が落ちる時間帯などでも安定した速度を提供してくれます。



何をどうしていいかわからなくてどれを選んだらよいかわからない格安SIMという選択肢。
後悔しない格安SIMを選ぶためにはそれぞれの格安SIMの特徴を正しく理解する必要があります。格安SIMの音声通話は料金が高めで、20円/30秒の料金がかかるようなっているところが大多数です。数分間の電話掛け放題のオプションを使える格安SIMもありますが、本当の意味での大手キャリアのように「いくら電話しても基本料金内」というプランを持っている格安SIMはみつかりません。

しかし、そのような格安SIMの弱点は各SIMの特徴を把握してその人に適した格安SIMを見つけることで避けることができます。

今使っているスマホがdocomoなら第一候補に挙がるのがDMMモバイルの格安SIMです。インターネット通信が快適でお昼時や就寝前の回線が混み合う時間帯を除けばストレスを感じない利用が可能です。
「これだ!」というSIMが決まったら間髪入れずに格安SIMの契約を一気に進めてしまいましょう。
ずっと先送りにして無駄なお金を払い続けるよりは、今この瞬間にMNPの窓口に電話して予約番号を取得して契約を済ませた方がとても経済的です。


自分で全部調べて選ぼうと思うと相当な量の労力が必要になってしまうので結局契約には至らずに何ヶ月も経過してしまうという人も相当いらっしゃるのではないかと思います。

次に一回づつの通話が長いと利用料金が高額になってしまうという問題ですが、これはLINEトークやFacebookなどの無料の通話アプリを活用することで軽減することができます。



ただ、音声通話をしたい相手がガラケーの人のためアプリの音声通話機能は使いにくいといった事情がある場合は格安SIMに乗り替えることは出来ないかもしれません。格安SIMの最大のデメリットはインターネットの速度が遅くなることと通話料金が割高になることがあることです。
ネットに接続した際の通信速度は大手キャリアと比べると遅いというのは事実です。特にお昼時の時間帯や寝る前の時間など皆がネットサーフィンをしているような時には画像の多いページを開くのに時間が掛かってしまうことがあります。
ラクダ
Copyright (C) 2014 おすすめ格安SIM乗り換え手順書 All Rights Reserved.