おすすめ格安SIM乗り換え手順書

ついつい先延ばしにしてしまう格安SIMへの乗り換えを分かりやすくサポートします。
HOME > しかし、そういった格安SIM(ある

しかし、そういった格安SIM(ある

しかし、そういった格安SIM(あるいはMVNO)の問題点は利用者の目的に沿った格安SIM(あるいはMVNO)を選ぶことで避けることができます。

今使っているスマホがdocomoなら第一候補に挙がるのがDMMmobileのプランです。
インターネット通信が快適で一般的な格安SIMと比べて優れています。
ネットの回線速度は通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と比べると遅いというのは事実です。お昼休憩の時間や就寝前の時間帯など皆がネットサーフィンをしているような時には通信速度の低下を感じることがあります。

3大通信大手(au・docomo・SoftBank)との違いを把握した上でそれでもまだ乗り換えをしたいと考えるのであれば勢いで格安SIMに乗り換えてしまうと良いかもしれません。

そのような人は格安SIMを選んでも大きな不満を抱えること無く利用することができるでしょう。

格安SIMの最大の問題点はインターネット接続が少し重たくなったり通話料金が高くなることです。


初めにネットの通信速度が遅くなるというデメリットですが、これはきちんと優良な格安SIMを選ぶことでデメリットを回避することが可能です。



例えば今ならmineoやUQmobileは満足度が高く通信の安定性が高いSIMと言われています。わけがわからない格安SIMをそこまでしてでも変更する理由は節約効果が尋常でないからです。

人によっても異なりますが年間にすれば海外旅行に行けるくらいスマホ料金を節約できるケースが多いようです。
次に音声通話の利用が多かった時に通話料金が高くなってしまうという問題ですが、これはLINEトークやFacebookなどの通話機能をフル活用することで解決することができます。

ただし、ビジネスでの利用が主体のためLINEトークは使いにくいなどの事情がある場合はLINEトークなどの無料音声通話を活用することは難易度が高いと言えるでしょう。格安SIMの音声通話は料金が高めで、20円/30秒の料金がかかるようなっている格安SIMが殆どです。3〜10分以内の通話では料金がかからないプランやオプションを使える格安SIMもありますが、本当の意味での大手キャリアのように「いくら電話しても基本料金内」というプランを持っている格安SIMは聞いたことがありません。



イロイロありすぎてなかなか切り替えに踏み切りにくいMVNOのSIM。格安SIMに乗り換えて「こんなはずじゃなかった」とならないためにはそれぞれの格安SIMの特徴を把握する必要があります。
利用方法とプランがバッチリ合う格安SIMを見つけることができれば月々の料金を数百円安くすることは可能です。
しかし、そのまま乗り換えを先送りにしてしまった場合の損失は年間にすれば4〜6万円程度となります。

その金額と比べるととても少額な話となりますのである程度決まったら見切り発車で契約をしてしまうことがもっとも節約効果を高める方法です。

自分で全部調べて選ぼうと思うとかなりの時間が掛かってしまい結局契約には至らずに何ヶ月も経過してしまうという人もかなり多いと思います。auのスマホから格安SIMに乗り替えるならベストな格安SIMはUQモバイルの「3GBデータ高速+音声通話」のプランです。データ通信が非常に安定しており他の格安SIMで通信速度が落ちる時間帯などでも安定した速度を提供してくれます。ある程度の目処が付いたら間髪入れずに格安SIMの契約をしてしまいましょう。不安が先立っていつまでも調べ続けているよりは思いついたこの瞬間にMNP予約番号を取って乗り換え手続きを済ませたほうが遥かにメリットがあります。
現在使っているスマホをそのまま使いたい場合は切り替えまでに「自分が使える格安SIMをピックアップする」「ピックアップした中からどの格安SIMにするか決める」「現在のキャリアからMNP予約番号を取得する」「格安SIMを契約する」「到着した格安SIMのSIMカードと現在挿入されているキャリアのSIMカードを入れ替えて初期設定をおこなう」という流れです。
ラクダ
Copyright (C) 2014 おすすめ格安SIM乗り換え手順書 All Rights Reserved.