おすすめ格安SIM乗り換え手順書

ついつい先延ばしにしてしまう格安SIMへの乗り換えを分かりやすくサポートします。
HOME > 現在の機種がdocomoのものなら

現在の機種がdocomoのものなら

現在の機種がdocomoのものならもっともおすすめできる格安SIMはmineoの格安SIMです。



インターネット通信が快適で数ある格安SIMの中でも高い性能を持っています。格安SIMを使って通話をする場合、20円/30秒の料金がかかるようなっている格安SIMが殆どです。
短時間でのかけ放題プランを使える格安SIMもありますが、純粋な意味での「かけ放題」のプランを提供している格安SIMは今のところ存在しません。



自分に100%合う格安SIMを選び始めるととてつもなく時間と労力を消費してしまい結局乗り換えに二の足を踏んでしまうという人もかなり多いと思います。格安SIMの最大の問題点はインターネット接続が少し重たくなったり通話料金が割高になることがあることです。

次に音声通話の利用が多かった時に通話料金が高くなってしまうという問題ですが、こちらはLINEトークなどのデータ通信を利用して音声通話ができる機能を利用することで解決することができます。
ただ、固定電話に掛ける機会が多いためSNSアプリによる通話が難しいなどの場合はアプリによる節約は難易度が高いと言えるでしょう。通信速度の遅さ問題ですがこれはしっかりと吟味したSIMを選択することで問題を解決することができます。
例とすればLINEmobileやUQmobileなどは一般的な格安SIMが通信速度を落とす時間帯でも比較的通信が安定しているMVNOとされていますね。
「これだ!」というSIMが決まったらそのタイミングで格安SIMの申込みを一気に進めてしまいましょう。ずっと先送りにして無駄なお金を払い続けるよりはランキングサイトなどで紹介されている良さそうなSIMを選んで格安SIMの契約を決めたほうが全体的には節約できるケースが多いと思います。



インターネットを利用する時のスピードはau・docomo・SoftBankなどと比べると遅さを感じる時があるかもしれません。お昼休憩の時間や10時〜12時前後の時間帯など皆がネットサーフィンをしているような時には「あれ?なんだか開くのに時間がかかるな?」と感じるときもあるはずです。

確かに最も自分に合った格安SIMを選ぶことができれば全く無駄のないプランを選んで徹底的な節約をすることも可能です。

ただし、SIM選びに時間を掛けすぎて乗り換えのタイミングを逃してしまた場合、その損失は年間にすれば4〜6万円程度となります。その金額と比べるととても少額な話となりますので少しでも早く契約を済ませておくことがもっとも節約効果を高める方法です。格安SIMの出来ないことがわかってもなおそれでもまだ乗り換えをしたいと考えるのであれば「エイ!ヤー!」で格安SIMに乗り替えるのもアリだと思います。
そのような場合は格安SIMに差し替えても納得できない結果となることはないでしょう。何をどうしていいかわからなくてもはや何が最良の選択なのかわからないMVNOのSIM。後悔しない格安SIMを選ぶためには自分の利用方法に最も適した格安SIMを抑えておかなければなりません。実際に格安SIMに乗り替える手順としては「今の機種・キャリアで利用できる格安SIMを確認する」「ピックアップした格安SIMの中で一番自分の利用方法にあったものを決める」「現在のキャリアからMNP予約番号を取得する」「格安SIMを契約する」「格安SIMが届いたらSIMカードを差し替えて初期設定をする」という流れです。ただ、上記のような格安SIMのデメリットは利用者の目的に沿った格安SIM(あるいはMVNO)を選ぶことで回避することが可能です。



切り替えにあたり情報収集が必要な面倒くさい格安SIMですが、そこまでしてでも変更する理由は大手キャリアと比べると遥かに安い月額料金です。
人によっても異なりますが概ね1年間で5万円程度スマホの通信料金を減らすことができる場合が多くなっています。auからの乗り換えならもっともおすすめできる格安SIMはUQmobileの3GBのプランです。



UQモバイルのSIMはネット回線が非常に高速で料金も最安値の格安SIMと比べても1〜2割程度高いだけなので非常に優秀です。
ラクダ
Copyright (C) 2014 おすすめ格安SIM乗り換え手順書 All Rights Reserved.