おすすめ格安SIM乗り換え手順書

ついつい先延ばしにしてしまう格安SIMへの乗り換えを分かりやすくサポートします。
HOME > 現在使っているスマホをそのまま使いたい場

現在使っているスマホをそのまま使いたい場

現在使っているスマホをそのまま使いたい場合は切り替えまでに「今の機種・キャリアで利用できる格安SIMを確認する」「ピックアップした格安SIMの中で一番自分の利用方法にあったものを決める」「現在のキャリアからMNP予約番号を取得する」「格安SIMをMNPを使って申し込む」「SIMカードが手元に届いたらSIMカードを今のものと入れ替える」といった手順を踏む必要があります。

格安SIMの最大の問題点はインターネット接続が少し重たくなったり通話料金が割高になることがあることです。

自分にピッタリ合う格安SIMを見つけようと調べ始めるとかなりの時間が掛かってしまい途中で一旦諦めてそのままになってしまう人も相当いらっしゃるのではないかと思います。不安なことを徹底的に調べて、自分にとって間違いない格安SIMを決めることができれば少しの無駄もなく利用することは可能です。しかし、そのまま乗り換えを先送りにしてしまった場合の損失は数千円になります。


それを考えると月々の数百円はゴミの様な料金ですので兎にも角にも格安SIMへの切り替えを完遂することが一番損をしない方法となります。

切り替えにあたり情報収集が必要な面倒くさい格安SIMですが、そこまでしてでも乗り替えたい最大の理由はもちろんその料金です。

現状の利用方法によっても違いますが年間にすれば海外旅行に行けるくらい月額料金を節約できる方が多くいます。



しかし、そのような格安SIMの弱点は自分の利用方法にピッタリ合う格安SIMを選ぶことでほとんどの場合解決します。インターネットの速度は通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と比べると遅いというのは事実です。

お昼休憩の時間や寝る前の時間など多くの人がインターネットに接続する時間帯には「あれ?なんだか開くのに時間がかかるな?」と感じるときもあるはずです。通信速度の遅さ問題ですがこれは性能の高いSIMを選ぶことにより回避することができます。


例を挙げるなら「UQモバイル」「mineo」「LINEモバイル」あたりの評価が高く一般的な格安SIMが通信速度を落とす時間帯でも比較的通信が安定しているSIMと言われています。



何をどうしていいかわからなくてどれを選んだらよいかわからないMVNOのSIM。


後悔しない格安SIMを選ぶためにはそれぞれの格安SIMの特徴を把握する必要があります。auスマホからの切り替えを検討しているならベストな格安SIMはUQモバイルの「3GBデータ高速+音声通話」のプランです。


通信の安定性に定評があり料金も最安値の格安SIMと比べても1〜2割程度高いだけなので非常に優秀です。
格安SIMを使って通話をする場合、大体どこも30秒毎に20円になっているケースが非常に多いです。

5分間のかけ放題プランを選べる、プランが充実した格安SIMも存在しますが、通信大手3社(au・docomo・SoftBank)と同じように通話放題のオプションを準備しているMVNOは今のところ存在しません。また、通話が多い場合に通話料がキャリアに比べて高くなるという問題ですが、こちらはLINEトークなどのデータ通信を利用して音声通話ができる機能を利用することで軽減することができます。ただし、ビジネスでの利用が主体のためLINEトークは使いにくいなどの事情がある場合は音声通話を通話アプリに置き換えることがハードルが高いかもしれません。



今使っているスマホがdocomoなら第一候補に挙がるのがDMMmobileのプランです。データ通信の速度が安定しており料金もほぼ最安値の水準であり、全体的に優秀です。「これだ!」というSIMが決まったら無理してでもそのまま申込みを一気に進めてしまいましょう。いつまでも迷っているよりかは興味を持った今のタイミングで乗り換え手続きを済ませたほうが何万円もお得だったりします。

大手キャリアと比べて格安SIMが劣る点を理解しても乗り換えの意思が消えないのであれば思い切って格安SIMに乗り替えるべきです。そのような場合は格安SIMを選んでも「こんなはずじゃ無かった」と思わずに利用することができるでしょう。

ラクダ
Copyright (C) 2014 おすすめ格安SIM乗り換え手順書 All Rights Reserved.