資産運用にFXってどうなの?

資産運用とFX

為替レートは各通貨の需要と供給で決まる

日本円にしろ、アメリカドルにしろ、普通通貨は物やサービスの対価として用いられ、通貨そのものが物として取引されることはありません。
ただし、為替市場においては為替があたかも商品のように取引されます。
通貨同士の価格を決めているのは物と同じく需要と供給です。
例えば、海外から物資を輸入している商社などは仕入れのために大量の外貨を必要とします。
ある国の商社が海外から物を輸入する一方だと、輸入元の国の通貨の需要は増えますが、その国の通貨の需要は相対的に低くなります。
そうすると、輸入元の国の通貨は高くなり、輸入先の国の通貨は安くなります。
物資の輸入の他にも、FXをする人口が多ければ、為替レートの上下に対する思惑の需要があったりするでしょう。
このように、為替市場では様々な需要と供給が絡み合ってレートが決められます。

為替レートを決める指標

先に述べた通り、為替レートは通貨の需要と供給によって決まります。
大きく分けて「物やサービス」の取引と、「金融」取引による需要と供給があります。
前者の大きさは輸出額やGDP、外国人旅行者のインバウンド需要なんかも為替に影響する指標の一つとなりうるでしょう。
後者は海外への投資や日本円の貸し出し等が挙げられます。
現在日本円は他国に比べて低金利の状態が続いており、お金を運用する立場の人からするとより金利の高い通貨で持っていた方が金利収入が得られます。従って日本円を売って他国の通貨を買った方が良いことになります。
一方、日本はアベノミクスで株価が上昇する局面にあったので、日本円を買いたい外国人投資家は日本円を買うことになります。
これら金融市場の動きも密接に為替の動きに関係します。
上記はいわば「実需」による動きです。
その他に為替相場の行方を見込んで売買する実需以外の動きもかなり大きいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る